上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「初夏の思い出 66-27」

こんばんわ。先日2016年を漢字一文字で表して、といった問いに対し真っ先に思い浮かんだのが「衰」という退廃的で情けない1年を送った管理人です。
今回はその2016年で撮った中から、exblogにて一回取り上げた物をfc2で複数回に分けて再び扱おうと思います。

2016-4/30
この日は確か午後に向かうにつれ天気が良くなり、おまけに27が登ってきてるとの事でウハウハで入野に向かいました。
定時でワイパー内内、編成もオッケー。もう最高でした。

僕はこれで十分なんですが、強いてケチ付けるならグリューネンの白い家とムドが付いちゃってる事でしょうか。

高2をピークにどんどん撮り鉄が下手なっていってるので、もうこんなインカ写真はもう一回バリに戻らない限り撮れないでしょう。マジで。
2016-05/21(1)
5月中旬に27を入野で抑える機会があったのでまたまた足を運びました。

丁度暇な土曜でかつバリ晴れ、この日も文句のつけようがなかったです。
5070の方がどう考えても条件は上ですが、そんなの待ってたら旬が終わっちゃうんでサクっと回収してきました。
実は新緑の入野俯瞰で27は復活していた時から描いてきた青写真だったので、ようやく念願かなったというわけです。めでたしめでたし。

こんな感じで初夏の季節も効率よく鉄活動が出来ました。 続く
スポンサーサイト
[ 2017/02/17 02:00 ] EF66 | TB(0) | CM(0)

「復活の時」

       2015-06/14(1)
多くのレイルファンが待ち望んでいた27号機の復活。天気は度外視で、どうにかナンバーが反射しているうちに面縦を決めておきたいと思い撮影へ。
少し中心がずれてしまいましたが、艶々な車体を見て感動。見れただけでも行った価値がありました。
山々に鼓動を響き渡らせながら西へ進んでいく姿はまさしく王者でした。

しかし27の復活と引き換えに24号機が落ちたり、押太郎の増備も密かに進んでいることからEF66-0番台が数年前のように稼動数1-2になる日が近い気もします.....
[ 2015/06/15 22:24 ] EF66 | TB(0) | CM(0)

久々の鉄 2070レ

     2015_03/26(1)
久々に2070レを撮りました。
日もすっかり高くなり、さてどこで撮ろうかと悩みましたが、某氏が撮ってた写真に良さを感じたのでこのポイントへ。
いざ行ってみると切り位置やら立ち位置やらがなかなか難しい場所でした。ですがベスポジを見つけられたら素晴らしい場所なのは間違いないでしょう。

ワイパー内内だとやはり引き締まりますね。久々に青空の下撮ることができて充実した一日でした。
次チャンスがあるならローアンで攻めたいですね(笑)
[ 2015/03/27 21:39 ] EF66 | TB(0) | CM(0)

2014.12/21 小瀬川1055レ

2014_12/20 (1)

土曜日の朝、1055レに32号機が入っていることを知り、出撃することを決意。

出撃するは良いが、どこで撮ろうかと悩んでいました。
天気予報はどこも曇りor雨 GPVの中国地方の地図もお察し状態でしたが、16時台で一箇所だけ黒色の地図になっている場所がありました。小瀬川です。

晴れれば半面エロ光でウハウハなのですが、いかんせんGPVがイマイチ信用できないという状況。
暫く悩みましたが、行かずに後悔よりも行って後悔の教えに基づいて、西に下りました。
当たり前ですが、先客0(^^;

ずっと曇っていましたが、鮫とコキ2両の編成や、オール空コキの編成など、なかなかコアなネタ列車が通過していくうちに、だんだんと太陽の周りだけ雲が無くなっていきました!

これは勝てる!と最初は確信しましたが、西のほうからだんだんと分厚い雲がやって来ているのに気づいて、「はよこいはよこい」とヤキモキしながら待っていました。
自分が調べていた通過時刻では到底無理そうな雲のスピードでしたが、なんと調べていたよりも7分速い時刻で来てくれたので、まさかの勝ちゲーとなったのであります。(ちなみに調べていた時刻の時は曇りました)

通過後、無意識のうちにガッツポーズをするほど興奮していました(^^;;)

これで念願だった小瀬川での0番台半面光は見事回収できたということで、非常に嬉しいです!!!
おそらくあのときのテンションの高さは12月一番だと思いますww
[ 2014/12/21 20:47 ] EF66 | TB(0) | CM(0)

「2014.5.24 5074レ~入野俯瞰~」

gryu.jpg
山の中から轟音が響き、やがて、朝陽を浴びながら貨物列車が弧を描いた。


金曜に2073レが21号機で下ったという情報を手に入れ、次運用をふと確認してみると、広タ700発の5074レでした。

前々から日の高い時期に入野俯瞰で貨物列車を撮りたいと思っていたので、これはいい機会だと言うことで行ってきました。


現地は多少ガスっていましたが、太陽光ヨシ、積載率ヨシ、被りナシ、水田ヨシ、と上々の結果ではなかったかと思います。
[ 2014/05/26 22:09 ] EF66 | TB(0) | CM(0)