上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「初夏の思い出 66-27」

こんばんわ。先日2016年を漢字一文字で表して、といった問いに対し真っ先に思い浮かんだのが「衰」という退廃的で情けない1年を送った管理人です。
今回はその2016年で撮った中から、exblogにて一回取り上げた物をfc2で複数回に分けて再び扱おうと思います。

2016-4/30
この日は確か午後に向かうにつれ天気が良くなり、おまけに27が登ってきてるとの事でウハウハで入野に向かいました。
定時でワイパー内内、編成もオッケー。もう最高でした。

僕はこれで十分なんですが、強いてケチ付けるならグリューネンの白い家とムドが付いちゃってる事でしょうか。

高2をピークにどんどん撮り鉄が下手なっていってるので、もうこんなインカ写真はもう一回バリに戻らない限り撮れないでしょう。マジで。
2016-05/21(1)
5月中旬に27を入野で抑える機会があったのでまたまた足を運びました。

丁度暇な土曜でかつバリ晴れ、この日も文句のつけようがなかったです。
5070の方がどう考えても条件は上ですが、そんなの待ってたら旬が終わっちゃうんでサクっと回収してきました。
実は新緑の入野俯瞰で27は復活していた時から描いてきた青写真だったので、ようやく念願かなったというわけです。めでたしめでたし。

こんな感じで初夏の季節も効率よく鉄活動が出来ました。 続く
スポンサーサイト
[ 2017/02/17 02:00 ] EF66 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nabenodiary.blog.fc2.com/tb.php/300-90bee414